3月のバス釣り攻略法4選!春におすすめのルアーも紹介します

春 バス釣り
Pocket

私が、大学生の頃、春休みや夏休みによくバス釣りに行っていました。

特に春休みは長かったので、3月中の帰省期間の間は週に2回くらいは釣りをしていました。

ですが、3月中はなかなか釣りづらく、釣れないに日々が続きましたが、3月の後半になってようやく春らしい体高のある太いバスを釣り上げることができました。

この経験から、3月のバス釣りにはどんな釣り方が良いのか?であったり、どんなルアーが効くのか?に関してわかったことがあるので、今回はそこに関して紹介していこうと思います(^ ^)

スポンサーリンク




3月のバス釣り攻略法や特徴とは?

この章では3月のバス釣り攻略法に関しての基本的な特徴をまとめていこうと思います。

気温が高い日を狙うべし

これは私の経験上ですが、3月は後半になればなるほど釣りやすくなると思います。

やはりブラックバスという魚は暖かい気候の方が好きなので、それは当然ですよね。

釣れる条件としては、気温が一気に18度とか19度とかになる日が必ずあります。

そんな日はかなりおすすめですよ。一気に水温が上がるので、今まで口を使わなかったバスが食ってきたりすることは良くありますからね。

Point天気が良く、気温の高い日に釣りに行こう!

夕方を狙うべし

3月はまだ水温が低いので、1日の中でも水温が温まりやすい時間帯を狙って行くのが効果的です。最近の実感では、17時以降にボイル(水面で小魚やエサをを追って跳ね回ること)しているのをよく見かけますね。

やはり夕方は一日中太陽に照らされた直後なので、水温が温まってきていることと、バスがエサ追い回すタイミングであることが非常に多いので、夕方に釣りに行ってみると良いと思いますよ!

Point夕方は、水温も上がっていて、エサも食い始めるタイミングなので、夕まずめを狙ってみよう!

満月以外の日に釣りに行くべし

正直、満月の大潮は難しいというか釣れないです(笑)釣れないし、なんというか、生命感みたいなものが無いから釣れる気がしないですね。

大潮というは潮順で若潮→中潮→大潮→中潮→小潮→長潮の順番の潮まわりなんですが、満月の大潮は4日続くんですね。ここは避けたいですね。(詳しくはスマホアプリの潮汐ナビで確認してみてください)

極端にいえばそれ以外の日であれば、まぁほぼほぼタイミングさえ良ければ良いかなという感じはあります。

とにかく満月の大潮の4日間は避けたほうが良いということを覚えておきましょう!(小潮は釣りにくいと言われますが、タイミング次第で釣れますよ)

Point満月の大潮の4日間は釣れにくい。満月は釣りにくいと心得よう!

基本は冬の釣り方で攻めるべし

これはどういうことかと言うと、3月はまだ水温も上がりきってないですし、本格的なシーズンとは言い難いので、基本的には深場狙いだと思います。

ただしこの時期にあると、ちょくちょくでっかいバスが浅場でうろちょろしているのを見かけることも多くなると思います。

ですから、基本は冬の釣りをベースとしながらも、水温や気温が高い日は、春の釣りをしてみるのがおすすめだと思いますね^ ^

Point まだ本格的なシーズン到来とは言えない時期。巻くスピードはスローを心得よう!

スポンサーリンク




春バスの特徴とは

この章では端的に春のバス釣りの特徴に関して簡単にまとめてみようと思います。

3月は一発でればでかい!

最後に3月の特徴なのですが、一言でいうと『一発出ればでかい』です。それはなぜかというと、でかいバスほど季節感が早いからなんです。

例えば、でかいバスほど、急に18度くらいまで気温が上がれば春の到来を感じて、表層をうろうろし始めます。今年2019年は、比較的2月でも暖かい方なので、気温が高い日はすでに、表層付近をうろうろしているバスをよく見かけますよ(^ ^)

ですから、でかいバスは季節の変わり目に動く習慣があるので、タイミングがハマれば、産卵前のお腹パンパンのメスバスが釣れることが良くあるんですね。

本格的なシーズンの到来は4月以降ですが、それでも、でかいバスは季節感が早いため、3月にでかバスが釣れるチャンスは十分にあるということを覚えておきましょう!

Point3月は産卵前のお腹パンパンのメスのビックバスが釣れる可能性大!

3月のバス釣りのおすすめのルアーとは?

この章では私の経験からお伝えすることができる、3月のバス釣りにおすすめのルアーを3つ紹介していこうと思います。

ゲーリーハートテール


ハートテールを楽天市場で検索


キロフックワーム5/0を楽天市場で検索

このルアーは上の写真にも写っていますが、本当によく釣れます。3月はまだ本格的なシーズンとは言えないので、バスの動きがまだまだ鈍いです。

冬を引きずっている感があるので、ここで『春だから巻物だ』と単純に考えていると痛い目にあいます。

経験上、3月は普通の巻きの釣りだと食わないことが多いので、ワームの釣りでじっくり探るのがおすすめだと思いますね。

ステルススイマー

ステルススイマーを楽天市場で検索

こちらは先ほどのハートテールよりもサイズも大きいですが、まだ寒さを引きずっている3月であっても十分釣れます。12月の気温9度くらいしかない時期であっても問題なく釣れますので、非常におすすめです。

3月はだいたい14、5度くらいの気温まで上がっている日も少なくないと思いますので、3月の前半から後半まで大活躍するルアーになると思いますね。

3月は割とバスが浮いていることも良くありますから、割と巻くスピードは早くても良いと思います。2月の時点ですでに浅場に浮いているバスをよく見かけますからね。

3月はもっと気温が上がるのが早くなると思いますし、桜は咲くのもこのままいくと早いでしょう。ということは、バスの動きも春の活発な動きになる時期は早まりそうなので、“春爆”つまり春の爆釣が3月に起こるかもしれませんから、ステルススイマーは“春爆”の時期にはもってこいのルアー間違いなしですね!

TN60トリゴン

TN60トリゴンを楽天市場で検索

バイブレーションといえば“冬の定番”ルアーですが、3月はまだ水中の水温は低く冬から抜けきってない感じもあるので、冬の定番ルアーである、“バイブレーション”は必ずルアーBOXの中に入れておきましょう。

3月のバス釣りに『TN60』がオススメの理由としては、

  1. ボトム(底)を攻めることが出来る
  2. 18.5gあるので、飛距離を確保出来る

主にこの2つです。

まだ、3月は水温的にもまだまだ冬なので、ボトムをゴリゴリ巻いてこれるものがオススメです!それに50m以上はかっ飛ばすことが出来れば最高ですよね。

ですから、3月のバス釣りには、海外でもよく売れているバイブレーションの王道である『TNトリゴン』をタックルBOXに入れておく事をおすすめします!

まとめ

今回の記事では3月のバス釣り攻略法をテーマに解説をしてきました。

記事の重要なポイントをおさらいしますと

  1. 気温が高い日や夕方が狙いどき
  2. 満月は避けたほうが良い
  3. 基本はまだ冬の釣り方、スローに釣ること

です。

3月は、バスが産卵を意識し始めるタイミングです。4月になって、頭の中が産卵でいっぱいになると一気にエサを食わなくなるので、本格的な産卵が始まるグッドタイミングに是非ビックバスを狙ってみてくださいね。

今回は以上です。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

【僕の大好きな村田基さんの番組がこちらからスマホで簡単に見れちゃいますよ】

コメント

  1. […] 3月のバス釣り攻略法4選!春におすすめのルアーも紹介します […]

  2. […] 3月のバス釣り攻略法4選!春におすすめのルアーも紹介します […]

タイトルとURLをコピーしました