ダム湖のバス釣り攻略法を徹底解説!おすすめルアーも紹介します

ダムの岸釣り攻略法
Pocket

スポンサーリンク

ダムのバス釣りは、野池に比べて規模が大きいため、ポイントが絞りにくく、初心者さんには少し難易度が高い釣り場だと思います。

ですが、ダムは、『でかいバスが釣りやすい』という特徴があります。

その理由として、野池の場合は池を抜いてしまうのに対して、ダムの場合は抜くことはありませんから、その分大きなサイズのバスがたくさんいることになります。

ですから、ダムのバス釣りは、小規模な野池に比べて難易度は高いものの、攻略法をきちんと知っておけば、50センチオーバーのバスを釣ることも夢ではありません。

今回の記事では、ダムのバス釣りを岸から狙うとして、どのような考え方で攻略をしていけば良いか?についてまとめていこうと思います。

スポンサーリンク




ダムのバス釣り攻略法

この章では、ダムでのバス釣り攻略に欠かせないポイントを1つ1つ解説していこうと思います。

特にでかいバスを釣るためにコツもここで解説していきます。

バックウォーター(上流)が基本

まずダムでの釣りにおいて鍵になるポイントはバックウォーター(上流)です。

ただし、12月、1月、2月はあまりバックウォーターにバスが居ることはほとんどないので、冬の釣りにバックウォーターはあまりおすすめはしません。

特に、3月、4月、5月、6月、7月、8月であれば、バックウォーターは大きなバスを釣りやすくなります。

その理由としては、バックウォーターは、エサが豊富だから。

バックウォーターは、産卵(スポーニング)をするのに適した場所が多いため、プリスポーン(産卵前)の3月からアフタースポーン(産卵後)は凄い勢いで上流に上がってくることを覚えておきましょう。

また、7月以降は雨が降って、水温が少し下がったタイミングは、バックウォーターの流れのあるポイントは特にでかいバスが上流に上がってきますから、ここも押さえておきましょう。

Pointダムは、エサの豊富なバックウォーターに溜まりやすい!

大潮は避ける

このことに関して4月のバス釣りの記事でも紹介させていただきましたが、大潮になると、バスの頭の中が産卵(スポーニング)のことしか考えなくなります。

つまり、大潮は食欲が全くなく、やる気のない状態であることがほとんどだということですね。特に3月から6月までの間は、スポーニングの時期ですから、意識した方が良いです。

また満月の夜にエサの豊富なバックウォーターでエサを食いまくって、次の日は下流に戻るということが非常に多いので、もちろん夜釣りにいけるのであればいいのですが、(危ないのであまりお勧めはしません)朝や昼に釣りをしようと思うのであれば、満月や大潮は避けるべきですね。(潮汐表はスマホアプリで簡単に調べることができますよ!)

Point大潮は産卵をするため、エサを追うことはほとんどない!

若潮と中潮を基本にする

大潮を避けるべきであるなら、どのタイミングで釣りに行けば良いのでしょう?この答えとしては、大潮前の若潮から中潮大潮後の中潮です。

潮回りというのは、若潮・中潮・大潮・中潮・小潮・長潮の順番に続きます。スマホのアプリで調べて、できれば、この若潮と中潮の時に釣りに行くと良いでしょう!

このタイミングが特に3月〜6月頃にかけては特に有効になります。

その理由としては、大潮になってしまうと、食欲が消え、産卵をすることで頭がいっぱいになるからです。ですから、産卵の前の若潮から中潮にかけてのタイミング。そして大潮の後に中潮に狙いを絞ることが大切になってきますね。

Point大潮の前後に狙いを定めるのがコツ!
スポンサーリンク




ダムのバス釣り攻略におすすめのルアーは?

この章ではダムのバス釣りにオススメのルアーを紹介したいと思います。

ステルススイマー

ステルススイマーを楽天市場で検索

ステルススイマーはエサを食おうとしているバスには効果抜群です。また、浅場で見かける50センチ以上のバスもこのステルススイマーで食わせたことがあります。

どんなルアーを投げても見向きもしてくれない状況でしたが、ステルススイマーを投げた途端にスイッチが入るんですね。やはりでかいバスにはでかいルアーが効きますね!

カラーは個人的にはこの2つを使うことが多いですね。

ハートテール

ハートテールを楽天市場で検索

ハートテールも使い勝手が良くおすすめです。ステルススイマーもハートテールも基本的には巻くだけでOK!根掛かりも少ないですし、巻いているだけでバスを引き寄せる力を持って居るので、めちゃめちゃ楽です!

飛距離もかなり出ますから、時に岸釣りにはもってこいです(^ ^)

基本的にこれからフィーデング(エサを食べる)をしようとするでかいバスを狙うのであれば、リアルなカラー(本物に似ている色)が良いと思います。

それ以外で釣り方であれば、バスのやる気のない時間帯(活性が低くエサを追わない時間)なんかだと、派手めのカラーを使ったりしますね。

まとめ

今回はダムのバス釣りでの攻略法やおすすめのルアーに関して解説をしてきました。

今回のポイントをもう1度おさらいしていきましょう。

  • ダムでの釣りはバックウォーター(上流)を基本とする。
  • 大潮はなるべく避ける。(特に3,4,5,6月)
  • 若潮から中潮にかけてのタイミングで釣りをする。

この3点が特に重要なポイントなので押さえておきましょう。

この3点を抑えておけば、多少ルアーのカラーやサイズがマッチしていなくても、ほぼほぼ問題ないと思いますね。

ものすごく単純に言うと、『バスが食欲のある時間帯に釣りに行け』ってことですね(^ ^)

私は、10年以上はバス釣りをしていますが、特に最近強く感じているのは、『タイミングの重要性』です。食わないときは、本当に何をしても食わない。

逆に食うときは、多少ルアーがその場所に合っていなくても食います。結局は、野池でもダムでも川でもタイミングがとっても重要なポイントであるということをここで改めて押えておきましょう。

今回は以上になります。最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

▼僕の大好きなミラクルジムこと村田基さんの動画がスマホで簡単に見れます▼

コメント

  1. ふくちょー より:

    ブログ主様

    お久しぶりです。毎度楽しく記事を拝読させていただいています。

    2019年になってから忙しい日が続き、あまり釣りに行くことができませんでしたが、私も先の日曜日に行きつけのダム湖へ繰り出して来ました。
    新しく購入したベイトタックルを携え、スピニングとの二刀流での釣行でしたが、1尾も釣れずに帰ってきました。
    ダム湖はたくさんのバスアングラーで賑わっていましたが、私以外の方も殆どが釣果無くお帰りになったご様子でした。

    しかし、この記事に書かれていることがよく分かった釣行となりました。
    私が早朝にバックウォーターへ行くと、最も日当たりが良いスポットで水面に時々弱々しい波紋が生じていました。
    上流で工事をしているのか、普段の透明な水質からすると非常に水が濁っていたことから鮮明な姿は見えませんでしたが、波紋の中に僅かに見える細長いシルエットから察するに、余命僅かなワカサギの群れだったのだと思います。
    夕刻になってもワカサギたちはそのスポットから移動していなかったので、よほど居心地が良かったのでしょう。
    更に、そのワカサギの居るスポットで昼過ぎから粘り続けた辛抱強いアングラーが、夕方前に回遊してきたバスを3尾釣り上げたということでした。
    やはり餌を求めてバスも上がってくるのですね。
    (なお、私は朝マヅメにそこで粘ったのですが、いっこうにバスが来ないので見切ってしまいました。)

    後日(というか昨日)、ダム湖の春は温かい水が流れ込む上流から始まり、ワカサギ達は産卵の為に暖を求めて上流に遡上することを学びました。
    私はバックウォーターというと、夏場に涼を求めて魚が集まる場所としか思っていなかったものですから、如何に自分が不勉強で思い込みが激しかったかと恥じ入るばかりです。

    ブログ主様がおっしゃるとおり、ダム湖のバス釣りはバスが居着きそうな場所を絞れないので、難しいように感じられます。
    かくいう私もダム湖では9月にサイトで子バスを釣ったきり、もう半年以上バスを釣り上げられておらず、坊主記録を15連敗まで伸ばしています。
    「点の釣り」をしようにもオカッパリからエントリーできる範囲にはバスが好みそうな障害物が乏しく、視界にバスの姿が見えなければどこにキャストしたらよいかわかりません。
    さりとて、例えば私の好きなライトプラグ程度で「巻きの釣り」をしても、クリアウォーターのスレたバス達がどこまで反応してくれるやらと思うと、すっかり気分的には手詰まりです。
    そう考えると、強い存在感のある大きなルアーを泳がせて、広くバスに気づいて貰うというアプローチが一番建設的なのかもしれません。

    実は、前述の私のベイトロッドは「ポイズンアドレナ172H-2」です。
    「スピニングではできないカバーフィッシングができるロッドを購入して『できない釣りの範囲』を狭めよう(建前)」と「若き日の村田さんやバーニー・シュルツのように、パワータックルのテキサスリグでヘビーカバーをガンガン攻めたい(本音)」という願望から買ったロッドでしたが、性能表を見るとステルススイマーならばギリギリ投げることができそうです。
    また、リールは剛性を重視してバンタムMGLのXG、ラインは耐摩耗性を重視してGT-Rウルトラの25lbを巻いていたので、丁度そのままのタックルで投げることができると思います。
    今度釣具屋さんで見かけたら、1つ購入してみますね。

    余談ですが、アドバイスを戴いて以来、スピニングリールにはすっかりナイロン8lbで落ち着きました。
    6lbを巻いていたときより何をするにも安心感があって自信を持った釣りができますから、集中力が続くような気がします。
    気持ちだけキャストの飛距離が落ちたような気もしますが、総合的にはメリットの方が大きい印象です。
    この経験から、上記の通りベイトリールにもロッドの推奨ラインの上限である25lbを巻くことにも全く抵抗がありませんでした。

    今週末もまたダム湖へ挑戦してみるつもりです。もしビッグママが釣れたら、またコメントしますね。

    • ilmari0124@gmail.com より:

      ふくちょーさんご無沙汰しております。

      ラインの件落ち着いたようで良かったですね。
      多少投げにくさもあるかもしれませんが、やはり強度のことも考えるとベストな選択だと思いますよ。

      これからのダムの釣りは、基本はバックウォーターだと思いますね。
      もちろんメジャーなフィールドであれば、それなりのプレッシャーもあるとは思いますが、まずは確実にバスが溜まりやすいポイントで粘ることが大切だと思います。

      辛抱強く粘って3匹釣られたアングラーの方がいるということは、まだまだチャンスはありそうですね。
      やはり、夕まずめのエサを追い始めるタイミングにぴったり合うと、そのような釣果になるんでしょうね。

      私であれば、そのようなフィールドであれば、時合いを狙ってステルススイマーのワカサギカラーを投げると思いますね。
      それでダメなら、派手めのチャート系なども試してみると思います。

      ステルスのタックルに関しては、7フィート前後のMH〜Hアクションで、だいたい14ポンド〜16ポンドがメーカーさんの推奨ですよ!
      ですから、ロッドに関してもバッチリだと思いますし、ラインに関しても私は20ポンドラインを使用してますが、ほぼほぼ問題ないと思います。

      今週末の釣行頑張って下さいね(^ ^)

タイトルとURLをコピーしました