【バス釣り】クランクベイトの使い方と初心者さんにおすすめ品を紹介

バス釣り ルアー
Pocket

クランクベイトは、投げて巻くだけで、効率的に、幅広くポイント探ることが出来ますから、手っ取り早く状況を探るにはとっても便利なルアーです。

私は、初心者の頃はルアーで釣ることに苦手意識を持っていたのですが、クランクベイトでたくさんのバスをキャッチ出来るようになったおかげで、『ルアーでも釣れる』という実感を持つことが出来るようになりました。

全くルアーで釣れなかった時代から、クランクベイトでたくさん釣れるようになる上で、意識していたことや、初心者の方でもよく釣れるクランクベイトというのがあります。

今回は、クランクベイトの使い方に基本から、初心者さんでもよく釣れるおすすめのクランクベイトを厳選して紹介していこうと思います。

スポンサーリンク




クランクベイトの使い方の基本は?

クランクベイトの使い方の基本は、『投げて巻くだけ』です。とっても簡単ですね。使い方として大事なことは、バスが居そうなポイントに正確に落とすことですね。

ただ、クランクベイトは、他のルアーと違って着水した後に、水面に浮いていますので、自分の巻きたいタイミングで巻くことが出来ます。

ですから、まず何よりも大切なことは、『正確に良いポイントに投げること』これが出来れば、後は竿先でルアーが動く振動を感じながら巻くだけでOKです(^ ^)

クランクベイトの良いところは、バスが多少深場にいたとしても、下から食い上げてくるところですね。

だから、あんまりバスのレンジ(水深)を考えないでも、巻いていれば向こうから、見つけて食いあげてくることが多いので、あまり巻くスピードは強く意識し過ぎずに、一定のスピードで巻いて行きましょう!

Point使い方の基本は『投げて巻くだけ』なるべく岸際をどんどん投げて巻いていこう!

クランクベイトでよく釣れる場所や時間帯は?

クランクベイトは、野池でも川でもどこでもよく釣れるルアーですね。釣り場について、バスの居場所や活性を手っ取り早くチェックしたりするにはとっても便利です。

また、クランクベイトは、基本的に1日中釣ることは出来ますが、釣りやすいのは、朝まずめや夕まずめのバスの活性が高い時間帯ですね。

Pointクランクベイトは、基本的にどんな場所でも釣れるルアー!バスが活発に動き始める時間帯に投げよう!

クランクベイトにおすすめのロッド&リールは?

クランクベイトのおすすめのロッドの特徴としては、6フィートくらいの長さのロッドでML~Mくらいの硬さですね。

要は長すぎず、固すぎないロッドが一番良いと思います。

長すぎると、特に初心者さんにはなかなか、投げにくいことが多いですし、固すぎると、バスが食った時に、きちんとのらない(針にかからない)ことが多いんですね。

なので、6f前後の長さで、硬さはML~Mくらいの硬さのロッドがちょうどいいです。

リールに関しては、ハイギアのリールがベストマッチ!

ラインは12~16ポンドのナイロンラインを使うことが多いので、それくらいの太さのラインを100mきっちり巻けるくらいの、糸巻き量が必要になります。

使うクランクベイトにもよりますが、10g以下のものであれば、12〜14ポンドを使うことが非常に多いです。

Point6フィート前後の長さのロッドでML~Mくらいの硬さがおすすめ!

スポンサーリンク




初心者さんでも釣れるおすすめのクランクベイトを紹介!

初心者でも投げて巻くだけで簡単に釣れる最強のクランクベイトは『ピーナッツ』です。

とにかく安くて、よく飛んで、よく釣れる最強のクランクベイトです。

デカピーナッツSSR

デカピーナッツSSRを楽天市場で検索

超浅場を狙うにはこのクランクベイトがおすすめです!水深50センチくらいのポイントで効果を発揮しますね。

私が、クランクベイトの苦手意識を払拭できたのも、このスーバーシャロークランクです。

あまり潜らないのですが、浮いているバスにはめちゃくちゃ効果が高いです。

バスがボイルをし始めるような時間帯であったり、時間帯的にバスが浮いているような時は、これを投げましょう!

デカピーナッツSR

デカピーナッツSRを楽天市場で検索

SRは水深1mくらいを潜るタイプのクランクベイトですね。

狙うポイントととしては、浅場の障害物周りが一番効果的です。

特に、バスが浅場によく上がってくる、3月〜6月や巻物でもよく釣れる9月〜10月くらいが特におすすめですね。

使い方としては、障害物周りにきっちり落として後は巻くだけです。

すると、巻く始めに『ゴンッと』食い上げてくることが非常に多いです。

あまり水深がないようなポイントであったり、バスが浮いているような時間帯の時はこの『デカピーナッツSR』を巻き倒すことをおすすめします。

デカピーナッツDR

デカピーナッツDRを楽天市場で検索

こちらは、1.5mくらいの水深を潜るタイプのクランクベイトですね。ですから、使い方としては、少し深い場所を狙いたい時や、日中あんまりバスが浅場に上がってきてないような、時にはこちらを使うことをお勧めします。

また、SRの方で反応がなかったら、DRでもう少し深い層を探ってみるのも良いと思います。

すると、だいたいその場のその場の状況を手返しよく把握できますからね。

おすすめのカラーは?

まず一番おすすめしたいカラーは『黒』です。(デカピーナッツで言うと、マットブラック)

これはクランクベイトに限らず色んなルアーについても言えることですが、『黒』が一番濁っていても、クリアーな場所でも使える王道カラーだと思ってください。

その他だと、濁った場所であれば、赤(リバースクロー)とチャート(アクアチャートやマットタイガー)で、綺麗な場所であれば、水に馴染むような白っぽいカラー(クリアーピンク)がおすすめです。

後は、その場のベイトフィッシュ(エサ)に一番に似ているカラーを選ぶのもコツです。デカピーナッツのカラーで言うと、ポンドギルやゴーストギルのようなカラーがおすすめですね。

使い分け方は?

クランクベイトの使い分け方としては、まずシャロークランク(水深1mくらいを潜るタイプ)で表層を攻めます。

カラーは、その場の水質次第で決めます。(上の章を参照してください)

シャロークランクで攻めて反応がなければ、もう少し潜るタイプのルアーにチェンジします。デカピーナッツであれば、SRからDRにチェンジします。

このようにして、少しずつ表層から中層、深場とルアーチェンジしていくことが重要です。

まとめ

今回はクランクベイトについての基本的な使い方と、まだクランクベイトで釣ったことがない初心者さんにおすすめの商品を紹介しました。

とにかくクランクベイトは、『投げて巻く』たったこれだけです。

後は、水質によってカラーを変えたり、バスの水深によって、SSR(超浅場) SR(浅場) DR (中層〜深場)とローテーションしていきましょう。

ただし、ブラックバスは、下から上に食い上げることが多いので、一番出番が多いのは、SSRかSRのような割と浅場を泳ぐタイプのルアーだということは覚えておいてくださいね(^ ^)

今回は以上になります。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

【僕の大好きな村田基さんの番組がこちらからスマホで簡単に見れちゃいますよ】

コメント

  1. ふくちょー より:

    ブログ主様

    こんにちは。いつも勉強させて戴いています。

    私はまだトップウォーター以外のハードルアーでバスを釣ることができた経験が無く、今回質問をするに当たって実経験は無いのですが、予めご了承下さい。

    私はこれまでの伝聞から、クランクベイトはハードルアーの中でも特に水が濁っているときに有効なルアーだというイメージを持っていました。
    このため、クランクベイトの浮力を活かす必要があるほどの障害物周りを探る場合(カバークランキングというのでしょうか)は例外として、クリアウォーターならば浅いレンジではミノー、深いレンジではシャッド系ルアーを使った方が有効だと考えてこれまで釣りをしてきました(結局それで釣った試しが無いので、間違っているのかもしれませんが……)。一方、クリアウォーターにも強いフラットサイドクランクなる種類もあると聞き、必ずしも上記の限りではないのかもしれないとも思っています。

    ということで、
    (1) クランクベイトはクリアウォーターでも有効なルアーなのでしょうか。
    (2) クランクベイト、ミノー、シャッド系ルアーの使い分けはどのように考えたら良いでしょうか。
    の2点について教えて下さい。宜しくお願いします。

    • ilmari0124@gmail.com より:

      ふくちょーさんこんにちは。

      今回も質問に答えさせていただきますね(^ ^)

      (1)そうですね。クリアウォーターでもちろん有効ですが、かなり色を水に馴染む色にする必要があると思います。有効ではありますが、進んで使うことはあまりなく、濁っている場所で広範囲に探りたい時に出番が多いですね。

      (2)クランクベイトは,濁っている場所で凄く効果が高いです。理由としては、水中で水流波を出し続けることが出来るからなんですね。これはバイブレーションもそうですが、水の中で、水流波を出し続けることが出来るため、濁っていたとしてもバスがルアーを見つけやすくなるんです。
        
         
      ですから、使う状況としては、濁っている場所で広範囲に巻いて釣りたい特に、クランクベイトは非常に効果的です。
         
      『バスはどこに居るのかさっぱりわからない』というような状況で効果を発揮します。

      また、濁っている場所では、『巻き続けるもの』と『大きく動いて水流波を出し続けるもの』が向いています。この条件にそろっているのは、クランク、バイブレーション、スピナーベイトになりますね。

      それに対して、ミノーやシャッドは『巻き続けずに、止めて使う』ので、ルアーが見えにくい、濁った場所でバスを遠くから広範囲に寄せてくるような釣りには向いていないですね。
        
      ですから、水質としては、どちらかというとクリアウォーターに向いていますね。状況としては、バスがルアーの存在をしっかり見つけることが出来るような水質。
       
      場所としては、ダムのバックウォーターのような流れのある場所であれば、はミノー系やシャッド系が特に有効です。そういうポイントであれば、ベイトフィッシュも豊富ですから、ミノーが完璧にマッチザベイトです。『ここに居そうだな』と思うポイントで止めて食うタイミングを与えてあげることがコツです。

      時期的には、オールシーズン釣れますが、基本はフィーデングタイム(エサを追っている時間帯)でよく釣れますね。   

  2. […] 【バス釣り】クランクベイトの使い方と初心者さんにおすすめ品を紹介 […]

タイトルとURLをコピーしました