バス釣りのコツを徹底紹介!初心者さんはこれを知れば上達間違いなし

その他
Pocket

スポンサーリンク

バス釣りはある程度安定的に釣れるようになるまでに時間がかかります。ですが、コツを掴めてくるとだんだん『釣り方』というのがわかってきて、釣れる確実性が上がってきます。

いわば、プロと素人の違いは、『コツやパターン』を知っているかどうかです。

『コツやパターン』を知っていればいるほど1回の釣りでの『確実性』が上がります。10回釣りをして7回釣るのがプロに対して、素人は10回中2-3回しか釣れません。

ではこの違いは何かというと、繰り返しになりますが『コツや釣れるパターンをたくさん知っているかどうか』です。

ただ、初心者さんが釣れるコツを掴むまでは、色んな経験を経て体得出来るものだと思いますし、様々知識があって初めてコツも掴めるようになってきます。

そこで今回の記事では、

  • 初心者さんが知っておきたいブラックバスの性質について
  • 初心者さんにおすすめの道具とは?
  • 簡単に釣れる場所やポイント選びのコツとは?
  • 初心者さんは釣れるようになるコツ4選

この4つをテーマに解説していこうと思います。この4つを知ることでバス釣りのコツを網羅的に理解することが出来るようになります。

それでは始めていきましょう(^ ^)

スポンサーリンク




知っておきたいブラックバスの性質とは?

ブラックバスの性質として覚えておきたいのは

  • ブラックバスは好奇心旺盛である
  • ブラックバスは障害物が大好きである
  • ブラックバスは寒いのが苦手である

この3つですね(^ ^)

ブラックバスをルアーで釣ることが出来るのも、好奇心旺盛だからです。なので、興味があるものなんでも口に入れようとするんですね。

ルアーにはさまざまなタイプのルアーがありますが、どれも本物とは似ても似つかないものが多いと思います。ブラックバスという魚が、好奇心旺盛な性質があることで、私たちはルアーで釣りを楽しむことが出来るわけです。

そのほかにも、ブラックバスの性質としては特徴的なのは、『障害物が大好きなこと』が挙げられます。

こういった水中に草が生えているような場所の周辺には必ずバスが隠れています。何かに身を寄せているわけですね。ですから、初心者さんが釣りをする上で『障害物を探す』ことは効率よくバスを釣るコツになりますよ(^ ^)

最後に、ブラックバスの性質や特徴としては、『寒いのが苦手』というものです。

だから、12月〜2月の間は正直釣りにくくなることが多いです。もちろん時間帯が合えば釣れることは釣れるんですが、難易度は高くなると考えたほうが良いですね。

釣りやすい季節としては、春〜秋です。 特に6月~10月は本当によく釣れますから覚えておいてくださいね(^ ^)

初心者さんおすすめの道具は?

これからバス釣りを始めようとされる初心者さんは特に道具選びに悩むと思います。まず、竿とリールですが、2つのタイプがありまして

『ベイトタックルとスピニングタックル』ですね。

 

右がベイトで左がスピニングですね。

  • ベイトが重めのルアー(10以上)を投げることに向いています。
  • スピニングが軽めのルアー(10g未満)を投げることに向いています。

一般的に初心者さんの場合はスピニングから始めるのが一般的ですね。

スピニングタイプは、非常に投げやすいのでまずはスピニングから始められた方が良いと思いますね。私の場合も初心者のことはスピニングタックルで始めましたからね。

糸に関しては、

  • ベイトでナイロンの14ポンド~16ポンド
  • スピニングでナイロンの6ポンド〜8ポンド

で始めると良いと思います。

初心者さんおすすめのルアーは?

手取り早く釣りたい場合は、スピンテールがオススメですね。

こういったルアーであれば、巻くだけで簡単に釣れます。

初めの1匹を釣りたい場合は特に巻くだけOKなルアーが超オススメですね!

スピンソニック10gを楽天市場で検索

簡単に釣れる場所やポイントの選び方のコツとは?

     

特にバス釣りを初めてばかりの頃であれば、『どんな場所が良いんだろうか?』とか、『どんなポイントを攻めれば良いんだろうか?』と悩んでしまいますよね。

私も1匹もバスを釣ったことがなかったことは、ダムや川やなどいろんな場所で釣りをしてみましたが全然ダメでした。

そこで釣れない日々が続いて結局初バスを手にしたのは、近所の野池でした。

最初のことは実績に高いプロの人が取材にきているような、ダムや川をメインに釣りに行ってたのですが、正直難易度はかなり高いです。

それよりも小規模な誰も投げてないような野池の方が初心者の方は特に、釣りやすいです。

あとは、釣り場のポイントに関しては近くの釣具屋とかで実績の高いポイントを聞いてみることですね。実績があるということはそこにバスが溜まりやすいなんらかの条件があるので、人気が高くても釣れる可能性は高いです。

これらのことを意識していくと、釣れる確率はグーンと上がりますよ。

ブラックバスが簡単に釣れるようになるコツを紹介!

最後に、この章では、『バスを確実に釣れるようになるためのコツ』を4つに分けて解説していこうと思います。

1.障害物の周辺に正確にルアーを落とす。

ブラックバスという魚はとにかく障害物が大好きです。

ですから、バスを効率よく釣ろうと思ったら、障害物のキワに正確に落とすことが超重要なポイントになります。

逆に、障害物から1m~2m離れているところに投げたとしても、なかなか食いに来ないんです。とにかく、障害物の際ギリギリに落としてあげることが、バス釣りのコツの基本になると考えてください。

Point1発でピンポイントに落とすことが出来るようになろう!

2.巻きのスピードを少し遅くする

スピナーベイトでもワームでも基本はゆっくりめに巻くことがコツです。釣れない人に限って焦って早く巻きすぎている印象を受けることが良くあります。

とにかくここで言いたいことは、『焦らずゆっくり巻こう』

それだけで、釣果は変わってきますよ(^ ^) 騙されたと思って試してみてください!

3.ゴールデンタイムに釣りをする。

バス釣りにはよく釣れるゴールデンタイムというのはあります。それが朝6~8時の間、昼12時〜14時の間、夕方18時〜20時の間です。

この時間帯が基本的には釣りやすい時間帯になりますね。逆に釣りにくい時間帯に釣りに行っても、バスの活性がそんなに高く無いですし、釣りが上手い人であっても釣ることがなかなか難しいです。

ですが、釣りやすい時間帯に合わせて釣りに行くことで、1投目で釣れることはよくあります。なので、バス釣りのコツの2つめとしては、『バスが比較的釣りやすいゴールデンタイム』に釣りに行くことですね。

4.少し大きめのサイズのルアーを使う

バス釣りのコツの3つめは、平均的なサイズのルアーやワームよりも少し大きめのものを使うことです。

これは意外に思われるかもしれませんが、通常のサイズよりも少し大きめのルアーやワームを使うことによって釣果が変わることが多いですね。

確かに、初心者の方でまだ1匹もバスを釣り上げたことが無いという方であれば、3インチのワームを使ったりするのもありですが、40センチ50センチのバスを釣りたいという方であれば、やはり、ルアーやワームのサイズは大きめのサイズを使ったほうが圧倒的に釣りやすくなります。

例えば

  • 普段4インチのワームを使っている方は5インチや6インチといったサイズに上げてみる。
  • スピナーベイトを少し大きめのブレードのタイプに変えてみる。

そのようにすると、一気に反応が変わったりします。

要するに、釣り人がよく使っている平均的なサイズが3~4インチだとしたら、そのサイズにはスレてしまう可能性が高くなります。

ところが、通常よりも大きめの6インチのワームがバスの目の前に現れたら、『なんだこれは見たことないぞ!』という感じでスイッチが入りやすくなるわけです。

ですから、普段使っているサイズよりも少し大きめのサイズを使ってみることが、バスをより多く釣るためのコツになるわけですね。

まとめ

今回はバス釣りのコツに関する情報を紹介してきました。

もう1度おさらいをすると

  • ポイントに正確にキャストする
  • 釣れる時間帯(ゴールデンタイム)に釣りをする
  • 普段使っているサイズよりも少し大きめのルアーやワームを使ってみる

ですね。

これが私が普段意識しているポイントですね。釣れた要素は大まかにこの3つかなぁと感じることが多いですね。

ただし、これ以外にも釣れる釣れないの要素はあると思いますが、難しいことを考えすぎて、結局ドツボにはまることが私の場合は多いので、大まかにこの3点を意識しているという感じですね。

凄腕のプロの方であっても意外と基本的な部分だけで釣りをしている方は多くいます。

そういう方は、素人に比べてより基本に忠実なことが多いです。

  • ポイントを丁寧に打つこと
  • 時間帯をしっかり読むこと
  • よりバスがルアーの存在に気づいてくれるようなものを使うこと

など当たり前のことをきちんとやって釣っているパターンが多いです。何事も基本に忠実にやるべしですね。

今回は以上になります。最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

▼僕の大好きなミラクルジムこと村田基さんの動画がスマホで簡単に見れます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました