爆釣ルアー8種を徹底厳選!これでブラックバスはもっと釣れます

Pocket

私が10年以上バス釣りをやっていて『これは本当に釣れるなぁ』と思うルアーはたくさんあります。

私自身、全く釣れない状況でも『このルアーのおかげで今日1日救われたぁ〜』と思うことは非常に多いです。

良く釣れるルアーというのは、どんな状況や場所であっても安定的に釣ることが出来ます。

今回の記事では、今まで使ってきて本当に良く釣れると思ったルアーや調子の良い時であれば、サイズは置いといて2桁狙えるような爆釣ルアーを紹介していこうと思います。

これを知ればもっともっとバスは釣れるようになります。

スポンサーリンク




こちらは普段使っているルアーです。ただし本文中のルアーはロストしてしまって、無いものもありますのでご了承下さい。

爆釣ルアーおすすめ

この章では私の経験上で最も良く釣れると感じる『爆釣ルアー』を紹介していきます。

pop-x

ポップXを楽天市場で検索

私が、トップウォーターの中で一番良く釣れると思うルアーが『ポップX』です。小バスから良いサイズのバスまで本当に良く釣れます。

ただ、やはりサイズ的に小さめなので、でかバスよりも小さいバスが先に食ってくることは多いですね!

小バスが水面に浮いている時は、『POP-X』を投げてみると良いと思いますね!

もちろん良いサイズのバスも釣れますが、7~8月に小バスが良く釣れる時期であれば、2桁釣れることもあるかもしれません。

グリフォンゼロ

グリフォンゼロを楽天市場で検索

グリフォンゼロも本当に良く釣れるトップウォータールアーです。

先ほどのPOP-Xに比べて、より広範囲に幅広く探ることが出来るトップウォータールアーです。

おすすめの時期は6-8月の朝・夕まずめですね。私は、夜釣りをするときに良く使っていましたね。

投げて巻くだけで、バスを引きつけてくれるのでとっても簡単ですよ!

SR-X グリフォン

SR-X グリフォンを楽天市場で検索

バス釣りのルアーの中で一番良く釣れると思うルアーがこの『SR-Xグリフォン』です。

正直ワームよりも釣れるんじゃなかって思うくらい本当に良く釣れます。

水深1m前後を狙うのに適しているので、浅場狙いには持ってこいです。

数も釣れるし、良いサイズのバスも本当に良く釣れます。小バスの数釣りも楽しめる最強ルアーです。

MR-X グリフォン

MR-Xグリフォンを楽天市場で検索

MR-Xグリフォンは、先ほどのSRに比べてより深い場所を潜るタイプのルアーです。

水深2.5mまで潜るタイプのクランクベイトです。

先ほど紹介しました『SR-X』の場合は、1m前後の水深を狙うのに対しているのに対して、こちらの『MR-X』の場合は、2m~2.5mくらいの水深を探るのに適しているので、バスの付いている水深が深いなぁと思う時は、『MR-X』がおすすめです。

使い方としては、『SR-X』でひと通り浅場を攻めてみて反応が無ければ、『MR-X』で少し深い水深を探ってみると良いと思います。

この釣り方で、釣り場を1週すると、相当の数を獲れると思います。

『SR-X』と『MR-X』が私の中では爆釣ルアーの最強のコンビネーションですね。

スピンソニック

スピンソニック10g

スピンソニックも数が釣れるルアーの1つですね。

スピンソニックはもちろんオールシーズン釣れますが、私の中では、冬に深場に落とし込んで、リフト&フォールで使うことが多いですね。

使い方の基本はただ巻きでOKです。

一定の速度をキープして巻くようにしてください!

このルアーもサイズを問はず、良く釣れるルアーです。私が釣りに行く時には、必ずと言って良いほどタックルBOXに入れていくルアーになります。

スポンサーリンク




爆釣ワームおすすめ

この章では、本当に良く釣れると思う『爆釣ワーム』を紹介していきます。

4インチヤマセンコー

4インチヤマセンコーを楽天市場で検索

ワームの中で一番釣れると思うのは間違い無く『4インチヤマセンコー』ですね。

理由としては

  • 圧倒的な飛距離
  • 障害物の奥を攻めることが出来る

という点ですね。

バス釣りにおいて最も大切なことをカバーしているワームだと思います。

とにかく迷ったらセンコーですね。

私はこのワームに何度助けられたかわかりません。それぐらい『投げてほっとくだけ』で釣れてしまう爆釣ワームです。

4インチカットテールワーム

4インチカットテールワームを楽天市場で検索

4インチカットテールは、経験上ですが、数を釣るには最強です。

ただ、4インチセンコーに比べて

  • 飛距離が出にくい
  • カバー下を狙うのに少し不向き

というのは正直あると思います。

ですが、センコーに勝るポイントとしては、独特のなまめかしさです。

これは動きはセンコーには出せません。ほっといても自然ににょろにょろっと動きますから、この動きでバスはいちころです。

食わせの釣りの王道だと思います。

4インチグラブ

4インチグラブを楽天市場で検索

センコーやカットテールはストレート系のワームですから、どちらかというと1点を丁寧に攻める釣りに向いています。

ですが、この4インチグラブは、最も広い範囲を探るのに適していますね。

私のオススメの使い方としては、『表層引き』ですね。

知っている方はいると思いますが、ゲーリーの河辺プロが『ピロピロピー』と呼んでいるこのグラブの表層引きは浅場のエリアでは特にオススメですね。

もちろん、ジグヘッドなんかで中層や深場を探っても良いのですが、それよりもバスの活性が高い時間帯に表層引きをするとかなり効果的です。

色んな使い方が出来ますし、基本的には巻くだけですから、初心者さんにもオススメですね。

まとめ

今回の記事では、爆釣ルアーをまとめて紹介してみました。

ここでいう爆釣とは、『1日で2桁』を狙うことが出来るルアーですね。また『このルアーがあったから坊主を免れることが出来た』と感じるルアーでもあります。

それぐらい自信を持って紹介できます。

ただし、『数はとりあえす良いから1本でかいのを釣りたい』という釣りには全く向いていません。確かにサイズのバスを釣ることも出来ます。

ですがそれよりも、とにかくサイズは気にしないで、数をたくさん釣りたい方には全力でオススメできますよ(^ ^)

今回は以上になります。最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください