バス釣りと風の関係を大特集!そよ風と風の強い日の釣り方も紹介

バス釣り 天気
Pocket

風が吹いている時ってバスは釣れるの?と思ったことはありませんか?

特に冬や春は風が強くなる日が多く、その度に『風が強いのは勘弁してくれ』と思う事はしょっちゅうあります。

やはり、風が強いとルアーを飛ばしにくくなったり、バックラッシュしやすくなりますからね。

ただし、だからとって『風が吹くとバスが釣れないのか』というとそうではなく、むしろ釣りにはプラスの要素になる事がほとんどなんですね。

ではなぜ、風がバス釣りにプラスの要素になるのか?

今回の記事では

  • なぜ風が吹くとバスは釣れるのか?
  • どんな風良いのか?
  • 風が吹くとどこにバスが集まるのか
  • 風が強い日はどんな釣り心がけるべき?
  • 風が吹いたときにどんなルアーを使えば良いのか

をテーマに紹介していこうと思います。それでは早速始めて行きましょう!

スポンサーリンク




なぜ風が吹くとバスが釣れるようになるの?

そもそも風が吹くとバスは釣れるの?と思う方も多いと思いますが、結論からいうと釣れます。

ではなぜ釣れるのかという点について掘り下げていく事にしましょう!

まず風が吹くと、水中のプランクトンが流されてしまいます。プランクトンは、ほんの少し風が吹くことによって流されてしまいます。

すると、今度はその流されたプランクトン追って、ベイトフィッシュ(小魚)が活発に動きめます。

その活発に動き始めたベイトフィッシュを追って、今度はバスの活性も上がり始め、釣れるようになる訳ですね。

また、風は雨と同じように、ルアーや釣り人の警戒心を下がる効果もあるので、釣りにはプラスになる訳です。

したがって、風が吹き始めたら、チャンス到来という訳ですね。

どのような風が釣れる?

風が吹いたら、釣れるといっても、どんな風が良いのか知りたいですよね?

これは伝える事は大変難しいのですが、ポイントとしては『穏やかな風』ですね。

というのも、ビュービュー風が吹きすぎると、逆にプランクトンが散ってしまいます、したがってベイトフィッシュもバスも散ってしまう傾向にあるんですね。

それに対して、穏やかな風であれば、プランクトンもベイトフィッシュも一箇所に溜まりやすくなります。

風が吹くとバスがどこに集まるか?

風が吹くと、プランクトンは流されます。それによってベイトフィッシュも流され、そのベイトフィッシュを追いかけてバスも動く訳です。

ではどんな場所にバスが集まるかといえば、ワンド(入り江)ですね。

   

上の写真のように、入り組んだ地形になっている場所に溜まりやすくなります。

あとは、風に流れでゴミが溜まっているような風が当たりやすいポイントも、風が吹いたら溜まりやすいポイントになりますね。

要するに、風が当たりやすい地形に、プランクトンもベイトもバスもたまりやすくなる訳ですね。

  • どっち方向から風が吹いているか
  • どこに風が当たっているか

この2つをしっかり見て、風が当たっている場所を探していくのがコツですね!

スポンサーリンク




風が強い強風の日はどのように釣れば良い?

1. 風が当たりにくい場所を選ぶ

今まででは、風によってプランクトンやベイトフィッシュが流されるため、プランクトンや小魚が、溜まりやすいようなワンド状(入り組んだ場所)の地形がおすすめだと言う話をしましたが、強風の場合は必ずしも、風がよく当たる場所が良い訳ではありません。

むしろ、強風だと、いたるところにプランクトンもベイトフィッシュも散ってしまってポイントが絞りにくくなります。

なので、強風の時はあんまり風が当たりにくい場所がおすすめです。地形的に、風の影響を受けにくいようなポイントを探しましょう!

2. 風の流れに沿ってキャスティングする

風の強い日には、風の流れに沿ってキャスティングすることが大切になってきます。

向かい風や横風に向かってキャスティングをしてしまうと、ルアーが飛ぶにくいだけでなく、バックラッシュの原因にもなってしまいます。

ですが、風の流れに沿った方向にキャストしますと、それこそ風の力も加わってカッ飛んでいきます!

風の強い日は、風が少ない場所を選ぶが基本ですが、風の影響を受けにくい場所が見つからない場合には参考にしてみて下さい。

3. 空気抵抗が少ないルアーを選ぶ

風が強い日は、空気抵抗が強いルアーは飛ばすことが非常に難しくなります。

具体的には、スピナーベイト、バズベイトなどですね。ワームであれば、グラブのようなテールが付いているタイプのものは空気抵抗が強く飛ばしにくいです。

逆に空気抵抗が少ないルアーは、バイブレーションですね。ワームではセンコーのようなスティックベイトがオススメです。

バイブレーションは18gのもの。センコーのようなステックベイトであれば最低5〜6インチ以上の重量感のあるものを選びましょう!

スポンサーリンク




風が吹いたときにおすすめルアーは何?

さて、風が吹いた時はどんなルアーで狙えば良いのでしょうか?

答えはズバリ『スピナーベイト』ですね。

エンジェルスピナーベイト5/8ozを楽天市場で検索

『風が吹いたらスピナーベイト』という言葉があるくらい、風が吹いて、プランクトンが流され小魚が集まっている場所にはスピナーベイトがよく効くんですね!

ではなぜ風が吹いたらスピナーベイトなのかいうと

  • 流れに強く、しっかりと水中でバスにアピールできる
  • スピナーベイトのブレードのフラッシングがベイトフィッシュに見えるから

ですね。

ですから、風が吹いたときには、スピナーベイトをどんどん投げるようにしましょう。おすすめとしては、1/2oz〜3/4ozのブレードが大きめのスピナーベイトですね。

まとめ

今回の記事では、『風が吹いたらバスは釣れるのか?』というテーマで紹介させていただきました。

再度重要なポイントをまとめますと

  • 風が吹くことによって、プランクトンが流される
  • 流されたプランクトンをベイト(小魚)が追って食べ始める
  • その活発化したベイト(小魚)をバスが食べ始める
  • バスの活性が上がりよく釣れる

です。

そこで、プランクトンも小魚もバスも溜まっているポイントで、スピナーベイトを投げれば、風が吹いている状況ではバッチリという訳ですね。

もちろんミノーでも良いと思いますが、流れに強いしっかり水中でアピールさせることができるスピナーベイトが定番ルアーです。

今回の記事も是非参考にしてみて下さいね。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

【僕の大好きな村田基さんの番組がこちらからスマホで簡単に見れちゃいますよ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました