バスが最も釣りやすい水深はどこ?季節ごとに解説していきます!

春 バス釣り
Pocket

スポンサーリンク

ブラックバスが最も釣りやすい水深ってどこなんだろう?』って思ってことはありませんか?これはもちろん季節によっても変わりますし、場所によっても当然変わってきます。

ですが、経験上、確実にこの辺の水深には確実にバスが付きやすいと思われる水深はあります。

そこで今回は

  • バスが最も釣りやすい水深ってどこ?
  • 季節ごとに釣りやすい水深を解説
  • 水深ごとの釣り方
  • 水深の測り方

この4つをテーマに解説していこうと思います。

この記事を読んで、『バスがどの水深に居るのか』を意識しながら釣りができるようになっていきましょう!それでは早速はじめていきます。

スポンサーリンク




バスが最も釣りやすい水深はどこ?

私の経験場で一番ブラックバスが釣りやすいと感じる水深は、約1.5m〜3mあたりですね。もちろん季節によっても変わりますが、この辺の水深が安定して釣りやすいと感じます。

その理由としては

  • ある程度水深があるとプレッシャーがかかりにくい
  • 障害物などの好条件の場所が多い

この2つですね。

水面から1.5m~3mくらいあると、水中の障害物や水草などバスが大好きな障害物が非常に多いです。

これがもし、水面から1mくらいの水深だとどうしても、釣り人からのプレッシャーが強くかかってしまいます。

なので、1.5m~3mくらいの水深だと、自分の身を安全に保ちやすく、またエサを食べようと思えばすぐにシャロー(浅場)に上がっていける最高の水深だと感じています。

ですから、どの水深にバスが居るのか分からなければ、まず1.5m~3mあたりをきっちり狙ってみることをおすすめします春〜冬にかけて十分釣ることができる、無難な水深だと感じています。

季節ごとの釣りやすい水深を解説

この章では『季節ごとに釣りやすい水深』について解説していこうと思います。

1. 春

春こそ1.5m~3mくらいの水深が一番釣りやすいですね。

春はシャローに差してくると一般的には言われています。それはスポーニング(産卵)があるからですね。しかし、まだまだ春は寒く水深的には2m〜3mくらいの水深に居ることが多いですね。

経験上はあんまりシャローでは釣りにくく、ある程度水深がある場所で釣れることが多いです。

2. 夏

6月くらいになると、水深50センチくらいのところまで一斉に上がって始めます。6月頃からは水深0m~1.5mくらいを狙っていけば確実に釣れるようになります。

この時期からトップ系の釣りが良くなってきますね。

3. 秋

秋も水深0m~1.5mくらいをガンガンせめていきましょう!トップでも巻物でもなんでも釣れる時期ですね。普段苦手なルアーを練習するのも良いですね。

4. 冬

冬でも水深1m以内に居ることが多いです。

ただし、真冬の1月〜2月になると底の方に沈んでしまうこともあります。なので、底の周辺を丁寧に狙ってみることが基本です。

要するに、『浅い場所と深い場所の両極端の釣り』が基本になりますね。

スポンサーリンク




水深ごとの釣り方はこれ

この章では、水深ごとの攻め方に関して紹介していきます。

1. 0センチ〜30センチ

この水深は基本的にトップウォーターで狙うことが多いです。それ以外だと、ノーシンカー系のワームを早引きして使うことも多いですね。

季節的には6月〜10月くらいまではこの水深で十分に釣ることが出来ると思います。

2. 30センチ〜1.5m

この水深で私が大好きなルアーとしてはシャロークランクですね。シャロークランクは水深1m以内であれば確実にカバーできます。

多少バスが居る水深とマッチしていなくても、クランクベイトの場合は下から食い上げてくるので、超おすすめですね。あとは、3/8オンスのスピナーベイトやシャッドテールノーシンカーでも効果的です。

季節的には、春夏秋冬問わず釣ることが出来ますね(^ ^) 冬は、特に大きさサイズのバスほど、浅い水深で釣れることが多いですよ!!

3. 1.5m〜3m

この水深でおすすめなのは1/2ozのスピナーベイトです。つまりブラックバスが最も釣りやすいこの水深で一番活躍するのは、1/2ozのスピナーベイトですね。

あとは2m~3mの水深を潜るディープクランクですね。この辺を持っておくと間違いないかなと思います。

この水深は春夏秋冬問わず釣ることが出来ますよ。

4. 3m〜6m以上

3m~6m以上の水深で活躍するのは、ディープクランク、メタルジグ、ラバージグ、テキサスリグですね。

時期的には、真夏や真冬ですね。

真夏の水温が低い深場を狙いたいときに、テキサスリグは超おすすめです。また、真冬であれば、ディープクランクメタルジグが活躍します。

水深の測り方をご紹介

私がよく釣り場でやっている水深の測り方を紹介したいと思います。ただ、これは別に特別なことではありませんし、正確に水深を測る訳でもありません。

一番良いのは、テキサスリグの7g~10gのものを落とし込んでみて、何秒でそこまで沈むかをカウントします。

このやり方でだいたい『この辺が深いなぁ』とかを感覚的に理解するようにしています。なんとなくで良いので、何秒で底まで沈むかを数えてみてください。

このやり方でだいたい水深や地形を把握することが出来ますよ(^ ^)

スポンサーリンク




まとめ

今回は、『最も釣りやすいと感じる水深と季節ごとに釣りやすい水深』について紹介しました。

もう1度重要なポイントをまとめると

  • 最もブラックバスが釣りやすい水深は1.5m~3m
  • 春夏秋冬とはず、1.5m~3mはよく釣れる
  • 重めのテキサスリグでフィールドの水深をチェックしてみよう

ですね。

ブラックバスを釣る上で水深を合わせていくことはとても重要です。

『今バスがどの辺の水深に居るのだろうか』ということを常に考えるようにしてみて下さいね。今回は以上です。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

▼僕の大好きなミラクルジムこと村田基さんの動画がスマホで簡単に見れます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました