冬のバス釣りに使うおすすめルアー!その使い方や攻略法を徹底解説

冬 バス釣り
Pocket

スポンサーリンク

冬は1年の中で一番釣ることが難しい季節だと思います。私自身も冬のバス釣りは他の季節に比べて苦手です。

ただ、冬は一本釣れればでかいと言われる季節です。

難易度の高い冬の季節をどんなルアーで、どんな釣り方で攻略していったら良いのでしょうか?

今回は、冬のバス釣りのおすすめのルアーやその使い方について書いていこうと思います。

スポンサーリンク




バス釣りにおいて冬はどんな季節?

この章では、冬のバス釣りの特徴について大まかに解説していこうと思います。

1. 一発出ればでかい

冬のバス釣りにおいてよく言われることは、『数は釣れないけど、釣れればでかい』
です。

私の経験上も、冬に小バスが釣れた経験はほとんどないです。理由は、小バスは、でかいバスに比べて体力があまりないので、あんまりエサを追わなくなるようです。

でかいバスであればあるほど、体力があるので、冬であってもちゃんと浅場に上がってきてエサを追うわけです。

だから、エサを追うタイミングにハマれば冬でもビックバスを期待できます。

タフな季節なのは変わりないですが、出ればでかいのが冬のバス釣りの特徴だと言えると思います。

2. バスの水深が深い

冬のバスの特徴としては、バスの水深が深いということですね。

水温が低下する季節にあんまり浅場に上がってきてまでエサを追うことをしなくなる季節になります。

そうなると狙いは深場。底の障害物に身を潜めて、じーっとしてることが多くなります。

もちろん冬でも、日中暖かい気温になるタイミングで浅場に上がってくることもありますが、基本的に冬に狙うべき層は深場だということを覚えておきましょう。

3. バスの動きが鈍くなる

冬のバスは水温低下によって他に季節に比べて動きが鈍くなります。

人間と同じで、冬になると水温低下によってあんまり動かなくなるわけです。

ということは釣りをするときに重要なポイントとしては、できる限りスローに巻くこと。

活性の高い春とか秋の場合は、早く巻いても食ってくることが多いですが、冬の場合ですと動きが鈍いので、早巻きでルアーをバスの目の前を通しても食わないことがほとんどです。

冬はバスの動きが相当鈍く、動きも遅くなることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク




冬におすすめのルアーと使い方を解説!

冬におすすめのルアーローテーションは、

  1. 巻き物系のルアーでフィールドの形状やバスの居場所を確認する。
  2. フィールドの形状やバスの居場所を絞れたら、ラバージグやワームでじっくりのポイントを攻める。

これが冬の釣りの基本となります。

冬の特徴を踏まえた上で、具体的にどんなルアーでどんな攻め方をしたら良いのかについて、解説していこうと思います。

1. スピナーベイト

スピナーベイトは他に季節でも有効ですが、冬にも有効なルアーだと考えています。
なぜかというと、冬の釣りの場合、他の季節に比べてバスがどこにいるのかがわかりにくいからです。

そのため、まずはスピナーベイトのような巻物ルアーでバスを探したり、池であれば池の形状を探すところから始まります。

冬は一箇所のポイントに集中していることが多いため、そのポイントはどこなのかをスピナーベイトで探してみましょう。

使い方は、通常よりもスローに巻いてください。

どうしても焦って早巻きになることもありますが、とにかくゆっくり底の障害物を感じ取りながら、スローに巻いてみてください。

2. バイブレーション

次におすすめするのがバイブレーションですね。とにかく冬は魚がいろんな箇所に散っていることが少なく、一箇所の場所に集中して身を潜めていることが多いので、スピナーベイトやバイブレーションのような巻物ルアーで魚が溜まっているポイントを探して行きましょう。

使い方のコツとしては、とにかく深場を意識して障害物にルアーを当てる感じでスローに巻くこと。

思っている以上に遅く巻くことがキモになりますね。

あと、スピナーベイトやバイブレーションをおすすめする理由としては、基本的に冬のバスって活性が低いんですね。

だから、ナチュラルなエサっぽいものよりも、アピールの強いルアーの方が反応が良いことが多いです。

スピナーベイトやバイブレーションは、見た目も水中の波動もバスにとってアピールが強いので、低活性の冬バスの攻略にはおすすめのルアーになりますね(^ ^)

3. ラバージグ

コンツアージグ 3/8ozを楽天市場で検索

スピナーベイトやバイブレーションのような巻き物ルアーでも釣れることはありますが、それでもバスが口を使わない場合に、ラバージグのような点の釣りに強いルアーを使ってみることをお勧めします。

ポイントが大体絞れたら、ラバージグをそこまで沈めて、竿先を小刻みにシェイクします。

少し巻いてまたシェイク。

正直私の苦手な釣りですが、活性が低い冬の釣りではこういった忍耐の釣りも重要になります。

巻きの釣りもラバージグやワームの釣りもスローに誘うことがキモですね。

スポンサーリンク




冬バスを攻略する方法とは?

冬バスの攻略する際のポイントに関して大きく分けて2つ解説していきますね。

ポイント1. 水温が上がりやすい日中を狙う

冬のバス釣りで重要なポイントは、水温が上がりやすいタイミングで釣りに行くこと。

一日で一番気温が上がるタイミングで、でかいバスが浅場に上がってきていればベストです。

基本は深場メインで狙っていくのがセオリーですが、日が照っているタイミングで浅場に上がってくることもあるので、浅場も入念にチェックしてみることが大切ですね。

ポイント2. ボトムノックを意識する

ボトムノックというのは、水底にコツコツとルアーを当てながら巻いてくることを言います。

冬の場合は、バスは基本的には底についていることが多いので、巻いてくる時には、ボトム(底)を感じながらゆっくり巻いてくることが重要になります。

先程紹介しました、スピナーベイトやバイブレーションなどは根掛かりに非常に強いルアーであるため、底にルアーを当てる感じでゆっくり巻いてみてください。

冬はボトムノックを意識して、障害物にルアーが当たる感覚を竿で感じながら釣りをしてみましょう!

まとめ

今回の記事では、冬のバス釣りでおすすめのルアー、冬バスの攻略法をご紹介させていただきました。

ポイントとしては、

  1. 巻き物系のルアーでフィールドの形状やバスの居場所を確認する。
  2. フィールドの形状やバスの居場所を絞れたら、ラバージグやワームでじっくりのポイントを攻める。

でしたね。

この攻め方が基本となりますので、意識してみてください。

今回の記事も参考にしてみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼僕の大好きなミラクルジムこと村田基さんの動画がスマホで簡単に見れます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました