バス釣りのルアーローテーションの順番に関する基本的な考え方とは!

バス釣り ルアー
Pocket

スポンサーリンク

釣り場について何を投げたら良いのかわからない。正しいルアーローテーションがわからないときってありませんか?

分からない方に説明しますと、ルアーローテーションとは、『色々ルアーを変えて行くこと』を言います。
ルアーからワームに変えるとか、ワームからルアーに変えるとか、そういった事です。

私が、初心者の頃は何を投げたら良いのか分からなかったですし、どのようなルアーローテーションをすれば、バスの状況を把握する事が出来るのか分からなかったです。

ただ、10年以上バス釣りを続けて、ようやくルアーロテーションについてわかるようになってきましたし、最近では、50upのバスを簡単に釣る事が出来るようになりました。

今回は、私が考えるルアーローテーションについてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク




正しいルアーローテーションとは

結論から言うと、完璧に正しいルアーローテーションというものは存在しない。
と思います。

なぜなら、それは、釣り場にも寄りますし、季節にも寄ります。
そのフィールドがどんな状況なのか、大きいバスが多い場所なのか、小さいバスが多い場所なのか。

あるいは、水は濁っているのか、綺麗なのか。
障害物が多くて根掛かりしやすいのか、そうじゃないのか。
また、どんなサイズを狙いたいのかによって千差万別です。

なので、雑誌とかに『こんな時はこれを使え』みたいな事書いてありますが、それは宣伝なのであまり参考にならない事が多いと思います。

本題に入る前にまず、絶対的に正しいルアーローテーションなんてものは存在しないということを頭に入れておいた方が良いと思います。

Point絶対に正しいルアーローテーションは存在しない。自分の行くフィールドがどんな場所なのかによって千差万別。

ルアーローテーションの基本となる考え方とは

とは言え、ルアーローテーションの基本となる考え方はあります。

それは、

  1. バスの活性が高いか低いか
  2. バスの水深が浅いか深いか

で決まってきます。

1つずつ見ていくことにしましょう。

バスの活性が高い時は?

活性が高い時は、基本的にバスがエサを追う時間帯であったり(朝まずめ、夕まずめ)ですね。
このタイミングでは、正直なんでも釣れる気がします。
もちろん、巻物のルアーであったり、スピナーベイト、クランクベイト、バイブレーションなどが有効ですが。

覚えておきたいのは、エサに似ているカラーを使うこと。
まずはそこから入ってみて、ダメなら派手めなカラーに変えると良いと思います。

活性が高いということは、エサを追っているわけですから、基本に忠実にエサに似ているカラーやルアーを選択しましょう。

Pointバスの活性が高い(食いが良い)時は、ルアーのサイズは普通サイズ、カラーはナチュラル(自然な色)が良い!

バスの活性が低い時は?

この写真は2018年12月7日の写真です。(冬でも問題なく釣れます)

バスの活性が低い時。特に冬なんかはバスの活性は、春・夏・秋に比べて低くなりがちですね。
だからといって釣れない訳ではありません。

冬の活性が低い時期での、ルアーセレクトのポイントは、大きめなサイズ、派手めカラーです。

バスの活性が低いということは、エサを追わない訳です。
だから、食性で狙うよりも、バスの好奇心をそそるようなルアーをセレクトするのがポイントです。
食いの悪い時こそ、ルアーのサイズを大きく、またはアピール系(黄色、白、ピンク)にしてみて下さい。

Point活性が低い時(食いが悪い時)は、ルアーのサイズは大きめで、カラーは派手めが良い!

バスのレンジ(水深)が浅い時は?

バスの水深が浅い時は、軽めの水面を泳ぐタイプのルアーが良いと思います。
スピナーベイトだと、3/8オンス(約10グラム)で、表層を攻めまくります。

巻きのスピードは早めに巻くことを心がけます。

そもそもバスの水深が浅い訳ですから早巻きでも十分食ってきます。バスが浅場でボイル(エサを追って水面でバシャバシャしている)している時は、浅場を意識していますので、

表層系ルアー(トップウォーター系)で攻めていきましょう。

バスのレンジが(水深)が深い時は?

バスのレンジが深い時は主に、夏の日中や真冬だと思います。
そんな時は、2m〜4mあたりをきちんと引いてこれるルアーが重要です。

スピナーベイトや、ディープクランクなどが代表的。
ラバージグやテキサスリグで底をじっくり探るのも良いでしょう。

ゆっくり巻くことを心がけ、底を感じながら巻くことを心がけましょう。

スポンサーリンク




私が普段やっているルアーローテーション

この章では、私が普段心がけているルアーローテーションについてご紹介したいと思います。

ルアーサイズを大きくする

私のルアーローテーションを一言でいうと、サイズをあげることです。

これはどういうことかというと、もしバスの活性が高い状況であれば、極端な話なんでも食ってきます。
ルアーのサイズが小さかろうがなんだろうが、そもそも活性が高い訳ですから、小さかろうが、大きかろうが食ってきます。

ただし、問題は、活性の低いバスをどう釣るか。ということだと思います。

プレッシャーの高いフィールドであれば、なかなかバスは口を使ってくれませんよね?
この時に多くの人はルアーのサイズは小さくしたり、ルアーのカラーを地味なものにすると思いますが、それはみんなやってることだから、逆効果だと思っています。

それよりも、通常のルアーのサイズよりも、サイズを大きくすること。

思い切って大きくしてみましょう。このやり方で、一気にバスのスイッチが入る事が多いです。(もちろんやり過ぎると警戒します)

まとめ

最後にまとめると、

  1. ルアーロテーションに絶対の法則はない
  2. バスの活性が高いか低いかを意識する
  3. バスのレンジが浅いか深いかを意識する

です。

特に、重要なポイントは、絶対の法則は無いという事です。自分の行く場所がどんな場所なのかをじっくり調べてみて、どんなルアーが適しているのかを考えてみましょう。

派手めなもので反応がなければ、地味なものにしてみる。サイズを小さくしてみて、ダメなら次はサイズをあげてみるなど、自分なりに、色々試してみましょう。

正しいルアーローテーションというのは、今使っているルアーよりも、もっと釣れそうなルアーを自分で考え、自分でどんどんチェンジしていき、そのルアーで結果が出れば、そのルアーローテーションが正しいルアーローテーションであるという事です。

今回は以上となります。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▼僕の大好きなミラクルジムこと村田基さんの動画がスマホで簡単に見れます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました