冬のバス釣りはスピナーベイトがお勧め!冬でも釣れる理由とは?

冬 バス釣り
Pocket

冬はバスの活性が著しく下がる季節なので、非常に釣ることが難しい季節です。

ではこの難しい季節にオススメのルアーとは一体どんなものでしょうか?

  • ワームでゆっくり誘った方がいいんじゃないの?
  • 冬はやっぱりバイブレーションだろ?

と様々な声が聞こえてきそうですが、個人的にはスピナーベイトは“冬にも”いや“冬こそ”スピナーベイトが有効な季節だと思っています。

その理由とは一体何なのでしょうか?

この記事を読むメリットは、

  1. 冬にスピナーベイトが有効な理由がわかる。
  2. 冬のスピナーベイトの攻略法がわかる。

です。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




スピナーベイトで冬でも釣れる理由とは?

冬のバス釣り=スピナーベイトと考える方は少ないですよね?ではスピナーベイトがなぜ冬のバス釣りに有効なのでしょうか?その理由について解説していきましょう。

根掛かりに強い

冬のバス釣り=バイブレーションと考える方が多いと思います。それは確かにその通りですね。『冬は活性が低いから、リアクション系の釣りが良い。』なんていう言い方をする人も居て、それも正しいと思います。

ただ、バイブレーションって正直“根掛かりが多い”んですよね。先日もバイブレーションを使って釣りをしましたが、非常に根掛かりが多い。

特に冬のバスは基本的に水深が深い場所に居ますから、自然と巻くスピードも遅くなります。巻くスピードが遅くなると、ルアーが障害物にコツコツあたり、バイブレーションであれば根掛かりが多くなってしまいます。

ところが、スピナーベイトであれば、“障害物に非常に強い”。

ですから、深い場所をゆっくり巻いてきて障害物に当たったとしても、沈んでいる岩や木をスルッと軽く交わしてくれます。ここがスピナーベイトの強みですねぇ〜(^ ^)

冬のバス釣りにおいて基本となる釣り方は“デットスロー”で巻くこと(超ゆっくり巻くこと)。であれば、当然障害物に引っかかってしまう可能性が高くなるので、そんな時に根掛かりに強いスピナーベイトが有効になるわけです。

Pointバイブレーションで根がかってしまうようなポイントでもスピナーベイトなら引いてこられる。

冬はワームでは釣りにくい?

先ほども触れましたが、冬のバス釣りの定番は“バイブレーション”です。その理由としては、ワーム系の釣りがあまり良くないからですね。

ではなぜワームは冬にはあまり通用しないかというと、“冬のバスはショートバイトが多いから”です。

ショートバイトというのは、要は“しっかり食わない”。

なので冬の低活性の時期に、ワームのような柔らかいものに食いつくことはほぼ無いんですね。

だから、ワームのような柔らかいものよりも、プラグの方が冬のバス釣りには向いているわけです。

アメリカのバスプロの中では、冬=プラグ(ハードルアー)というのは常識みたいで、冬にワームを使う人はほとんどいないそうです。それぐらい、冬はハードプラグつまり硬いものの方が向いているということですね。

また、“冬はリアクション系の釣りが良い”というのも常識ですが、これは冬のバスの活性が低いからですね。

活性が低いバスを釣ろうと思えば、とにかくバスの気を振り向かせるくらいのアピール力が必要になります。なので、冬のバス釣りには、アピールの強いスピナーベイトやバイブレーションは有効なルアーなわけですね。

Point冬はワームよりも、ハードルアーの方が釣りやすい。

冬はアピール系の釣りが強い

冬のバスは基本的に深場に移動し、基本的には活性が低い状態にあります。この活性の低いバスを攻略するには、よりアピールの強いルアーを使うことが効果的になってきます。

ということは、食わせの釣り。ワームのようなナチュラルな釣り方よりも、派手めなサイズ感やアピール力で惹きつけるしかないわけですね。

そんな低活性の状況下でスピナーベイトのような、アピールの強いルアーが効いてくるわけですね。冬はワームのようなソフトルアーよりも、よりアピールの強いルアーで狙うのが効果的!

Point活性の低い時はアピールの強いルアーで攻めよう。

スポンサーリンク




冬にスピナーベイトをどう使うのか?

冬のスピナーベイトの使い方のコツとしては、とにかくゆっくり巻くこと。

底の障害物にコツコツ当てながら巻いてくることを心がけてみてください。

もちろん浅場であれば、早巻きすることもOK!ただし、バスの水深がどうしても深くなる冬の時期は、基本的に春や秋よりもゆっくりと巻くことを心がけていきましょう!

冬に使うスピナーベイトの選び方とは

重さ

冬は基本的には深場に付いていることが多いです。ではどんなスピナーベイトが有効になるのかというと、最低1/2oz以上の重さのスピナーベイトが効果的ですね!

この重さであれば、深場のストラクチャー(障害物)に付いているバスにもアプローチすることが出来ますので非常にオススメです。

ただし、3m〜4mの水深を引いてきたい人にとっては、3/4ozくらいの重さが必要になってきます。

だいたい1/2〜3/4ozあたりのスピナーベイトが、冬のバス釣りにはマッチしていると思います。

Point冬は少し重めのスピナーベイトを使ってみよう。

カラー

冬はアピール系のカラーが特にオススメですね。黒、白、チャート(黄色)ピンクですね。

黒は、特に濁っているフィールドでは絶大な威力を発揮します。白は、クリアーなフィールドで使ってみると良いと思いますよ。

チャートやピンク系も濁った場所では効果抜群ですね^ ^

エンジェルスピナーベイトを楽天市場で検索

OSPハイピッチャーMAXを楽天で検索

特にピンク系カラーやハイピッチャーのチャートブルーバックとかは本当にアピール力が強くてよく釣れます!!

冬はブレードも通常のよりも少し大きく、派手めなスピナーベイトで攻めまくってみてくださいね。

Point冬は派手めなカラーをセレクトしよう!

まとめ

今回の記事では、冬でもスピナーベイトが有効な理由と、具体的なスピナーベイトの選び方や使い方について解説しました。

記事の内容をおさらいすると、

  1. スピナーベイトは根掛かりに強いため、水深が深い場所を狙いやすい。
  2. 冬はアピール系の反応が良いため、冬でもスピナーベイトは良く釣れる。
  3. 派手めのカラー大きめのブレードのスピナーベイトを選んでみよう。

です。

あと1つ付け加えると、特に冬の時期は水温が夕方に高くなりやすいので、16時くらいから日没にかけて、スピナーベイトで巻いてみるのが面白いかなぁと思いますね。

さすがに早朝は水温が冷え切っているので、巻物は厳しいかなぁ〜という印象です。
ぜひ参考にしてみてくださいね。今回は以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【僕の大好きな村田基さんの番組がこちらからスマホで簡単に見れちゃいますよ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました