でかバスが釣れやすいカラーは何か?

その他
Pocket

今日はでかいバスが釣れやすいカラーはあるのかどうかについて書いていこうと思います。

私は約10年前あたりではナチュラルなカラーを使うことが非常に多かったです。

それはなぜかというと『自然界に存在しないような色は食わないんじゃないか』

という考え方があったからなんですね。

なのでなるべく派手めの色は使わずに、基本はライトリグをやるときはグリパン系のカラーが多く、センコーのときはミミズに似せた色ということで赤をよく使っていました。

当時の考え方は、エサ釣りに近い考え方を持っていて、メディアに出ているプロの方でもあんまり派手めなカラーを使う人は少なかったと思います。

なので自然と私自身の釣りも地味なカラーを使うことが多くなり、グリパン系のカラーを多く使っていました。

ところがここ最近の私のお気に入りのカラーはというとピンク色なんですね。

ピンクといっても、真っピンクではなくて白ピンク。

桜っぽい色のスイムベイトやシャッドテールは経験上かなりでかいバスが釣れやすいです。

当たり前のことですが、ルアーフィッシングで一番重要な要素とは何かと言われると、『魚を惹きつけること』だと思います。

要は、自然界に存在しないものに魚が食いついてくるからこそ、ルアーフィシンングは楽しいわけです。

ですが、当時中学生の私は、『派手な色にすれたバスは食いつかないだろう。』と解釈していて、派手めのアピール系のカラーをほとんど投げなかったんですね。

巻物の釣りをやるときも黒系のルアーを好んで投げていました。

でもそれだとどうしてもエサ釣りの要素が大きくなってしまうわけです。なので最近では考え方をルアーフィッシングの原点に立ち返ってどんどん派手めのカラーを投げて惹きつけて釣ることを心がけています。

この釣りのメリットとしては、派手めのカラーを投げる人があんまりいないのでよく釣れるというのがあります。みんなお金を出してルアーやワームを買う際にどうしても派手な色よりも地味な色を買いがちなのではないかと思います。

それはそれで良いのですが、その考え方だと惹きつけて釣る要素が少なくなってしまってどうしても食わせの釣りになってしまいます。

そこでチャート、ピンク、白などのような目立つ色で魚の興味関心を引くような色を使うことによって地味な色に食いつかないバスが興味本位で食ってしまうというわけですね。

人と違うことをすることで自分にしか釣れないビックフィシュが釣れる可能性は格段に上がると思います。なのであえてみんなが買わない、投げない色をガンガン投げていくとでかいバスに巡り会えるかもしれませんね。

スポンサーリンク




【僕の大好きな村田基さんの番組がこちらからスマホで簡単に見れちゃいますよ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました