夏のバス釣り攻略法を一挙公開!初心者でもでかバスを釣る方法とは?

夏 バス釣り
Pocket

スポンサーリンク

夏のバス釣りは私にとって思い出深いです。私が、中学3年生だった頃の夏休みに自己最高記録の56センチのバスを釣り上げました。夜19時くらいだったと思いますが、広島県の近所の野池でトップウォーターと言われる水面に浮くタイプのルアーで水面を引いていました。(メガバスのアンスラックスというルアーです)

すると、勢いよくでかバスがルアーにヒットしたあの興奮は今でも鮮明に覚えています。

夏の釣りに関していえば、その他にも朝方に40センチ後半の良型のバスをトップウォーターで釣り上げたり、大学の夏休みに野池に釣りに行って、これまた40後半のバスを釣り上げたりと、とにかく夏のバス釣りは経験上でかいバスが最も釣りやすい季節だと確信しています。

今回は、私の経験上から“夏のバス釣りをどう攻略していき、どのようにしてビックフィッシュを釣り上げるか”について掘り上げてみたいと思います。

初心者の方は是非本文を参考にして、夏のビックフィッシュを狙ってみてくださいね。

スポンサーリンク




夏バスの行動パターンとは?

この章では夏のバスがどのような行動パターンをとるのかについて解説をしていこうと思います。

アーリーサマーの時期

アーリーサマーの時期ってなんですか?という声が聞こえてきそうですが、要は梅雨が空ける前までの時期ですね。

梅雨明けってその年によって変わるのですが、だいたい7月20日くらいです。海の日にはだいたい梅雨明け宣言されていますから、その辺りまでをアーリーサマーと言います。(梅雨の時期6月7日頃〜7月20日頃まで

この時期の水温は平均してだいたい20度くらいになります。バスの適水温が23℃くらいですから、ちょうどいいくらいの水温だと考えて良いでしょう。

アーリーサマーの特徴としては、まだ産卵中のバスが居るということ、大型のバスは、季節感が早いため、この時期にはもう夏のパターンで行動していることが多いということ。

ですからアーリーサマーの時期はでかバスを釣るにはもってこいの時期だと言えると思います。

Pointアーリーサマーはざっくり言うと梅雨の季節。季節感の早いバスはアーリーサマーから行動し始めることを覚えておこう。

ミッドサマーの時期

ミッドサマーの時期は梅雨が明けた後の時期になります。ですから、海の日の後からがミッドサマーと言われる時期ですね。水温でいうとだいたい25度〜30度くらい。ここまでくると人間もそうですが、バスも夏バテしてきます。

バスは比較的ぬるめの23℃ 〜25℃くらいの水温が適水温と言われていますが、ミッドサマーはバスにとっては暑すぎて動きが鈍くなります。
特にここ最近は35℃を超える気温を記録する地域を増えていることから、ミッドサマーの時期はなかなか厳しい釣りになると思います。

スポンサーリンク




夏バスはどんなルアーやワームで攻略するの?

アーリーサマーの攻略法は?

アリーサマーの特徴をまとめますと、

  1. 梅雨の時期(6月7日頃〜7月20日頃)
  2. 水温20度
  3. でかバスが活発に動き始めるタイミング

です。

水温20度くらいだと、バスのとっても活発に動きやすい時期となりますので、この時期は幅広くフィールドを探る釣りが良いと思います。

具体的には、スピナーベイトやバイブレーションを使った巻きの釣りです。

(スピナーベイト)

(バイブレーション)

こういった巻物系ルアーで広く探ることを心がけます。あまり1箇所のポイントにこだわり過ぎず、巻きのスピードも割と早めでがんがん広範囲を探っていく釣りをしてみましょう。

ミッドサマーの攻略法は?

ミッドサマーの特徴をおさらいしておくと

  1. 梅雨明け後(だいたい7月20日以降がミッドサマー)
  2. 水温がだいたい25℃〜30℃
  3. バスの動きが鈍くなる

アーリーサマーの釣りはミッドサマーの釣りに対して、点の釣りが中心になります。ミッドサマーの時期は急激に水温が上昇するため、広範囲に散らばっていたバスが一箇所の水温が低い場所に身を潜め始めます。場所としては、水の流れがあるポイントであったり、水温が比較的低めの深場、水の中の日陰の役割を果たすような浮きゴミの下、などの場所に溜まりやすいです。

ここで覚えておきたいのは、水温が低くくなりやすい場所を見つけるということ。

川であれば、上流の流れがあるようなところだったり、深場の水が冷えているようなポイント。よくお風呂とかで、冷たい水って底に溜まっていませんか?

冷たい水って温かいお湯に比べて重いので、水底に沈殿しやすいのだと思います。野池でも、水温の低い水は深場であって浅場は日が当たっているので、水が暖かいんですね。

だから、夏バテしそうなくらい暑い時には、水温の低い場所を無意識的に求めるわけです。

ではどうやって攻略していけば良いかというと、私が中学生の特に真夏に爆釣させていた釣り方としては、木で覆いかぶさっているようなポイントにノーシンカーのセンコー(おもりをつけないでワーム単品の仕掛けをノーシンカーと言います)をスキッピングさせます。スキッピングというのは、水切りのようにバウンドさせることなのですが、低い弾道で、ポイントの奥の奥までワームを入れます。

4インチヤマセンコーを楽天市場で検索

この釣り方で日陰に隠れているバスを何匹でも釣ることができます。

ミッドサマーの時期は水温の低いところや日陰になる場所にバスが集まりやすいから。特に集団で条件の良い場所に集中していますので、この釣り方を試してみてくださいね(^ ^)

Pointミッドサマーは梅雨明け後の時期。水温が高くバスは夏バテ気味であることが多いので、水温が低いポイントを選ぶことが最重要になる。

スポンサーリンク




夏の夜釣り攻略法とは?

冒頭でもお話しした通り、私が自己最高記録を釣り上げたのは、夏の夜でした。今までは、アーリーサマーとミッドサマーの基本的な違いを紹介してきましたが、この章では“夜”にフォーカスして釣り方を解説していこうと思います。

夏の夜はトップウォーター

なんといっても夏の夜の基本はトップウォーターの釣りになります。真夏の18時過ぎたあたりの時間帯でバスは一斉にボイルと言ってた水面を泳ぐエサを追い始め、湖や川の至る所でバチャバチャ跳ねたりし始めるんです。

こんな時には水面を意識しているので、『トップウォーター系のルアー』すなわち水面に浮くタイプのルアーが効果的になります。

要するに、水面を逃げ惑っている小魚を演出することができるわけですから、バスはエサが逃げ惑っていると思って反応するわけです。辺りが真っ暗くなると、より一層音に敏感になりますから、水面で音を立てる物への反応が良くなります。

夜釣りにどんなルアーが効果的なのかに関しては、別の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

夏にでかバスを釣るコツとは?

今までは夏のバス釣りに関する考え方としてわかりやすく、アーリーサマーとミッドサマーに分けて解説をしてきましたが、この章では『どのようにして夏にでかバスを釣るのか?』に関して掘り下げてみたいと思います。

朝まずめか夕まずめ

これは当然だと思われるかもしれないですが、基本的にはやはり気温が下がりバスが活発に動き始める“朝まずめ”か“夕まずめ”はでかバスが釣りやすいと思います。

ここで私が特にオススメしたいのは夕まずめですね。
これは私の経験上ですが、真夏のミッドサマーの季節は特に夕まずめにでかバスが釣りやすい傾向にあります。

時間帯ですと、18時半以降ですね。
この時間帯にトップウォーターの釣りをやるとかなり高確率で、でかバスに出会えると思いますよ(^ ^)

真昼

結局、朝も昼も夜も釣れるのかよと突っ込まれそうですが(笑)意外にも夏の日中に釣りやすいということが、経験上わかってきたんですよ。

このバスだけではないんですが、真夏の13時とか14時とか『なんでこんな時間に釣れるの?』って思うのですが、意外にも真昼に釣れることはかなり多いです。というかここ最近は真昼の方が夕まずめとかよりもよく釣れている傾向ですね。

理由としては、でかいバスは普通サイズのバスに比べて食べる速度が遅いということにあると思います。要は小さいサイズの方が泳ぐのも早いですから、先にエサを食べられちゃうわけですね。それによって朝まずめにエサを食い損ねたでかいバスが日中に一気にエサを食い始めることがよくあるそうです。

なので、一概にも朝が良いとか夕まずめが良いとか言い切れないところはありますねぇ〜

あとは昼にバスがよく釣れる理由として、他に考えられることは、もし満月の次の日だった場合に、前の晩にエサを食べているために、朝まずめにエサを食べないバスが昼から食べ始めるということも考えられます。

満月の日って明るいですよね?

ですから満月の日は、夜明るいから夜にエサを食べて朝はお腹一杯な状態であれば、次の日の朝は釣りにくくなるわけです。

つまり、夏は真昼でも十分でかバスを釣ることが出来るわけです。

スポンサーリンク




夏のバス釣りでの服装は?

この章では夏のバス釣りの服装に関して紹介していこうと思います。夏に必要な服装やアイテムとしては、主に3点ありますね。では1つずつみていきましょう。

帽子

レインワークハットを楽天で検索

帽子は夏のバス釣りには必須アイテムですよ!近年の夏は特に暑いですから帽子は絶対に“必須”です。ちなみに私は、このレインワークハットのような紐がついているタイプを好んで使っていますよ。

少し頭が蒸れた時とか、紐がついているおかげで、首にかけることができるのでおすすめですよ。

サングラス

がまかつ偏光サングラスを楽天市場で検索

偏光サングラスも夏のバス釣りには必須です。夏の間は、釣りをしている間だけでなく運転中も偏光サングラスがないとまぶしくて仕方がないです。

また、このがまかつさんのサングラスは中学生の時に友達がかけていたので『ちょっと貸してよ』と言ってかけてみたら驚くほど、水の中がクリアーに透けて見えての覚えています。

当時は、100均で買ったサングラスをしていたので、『やっぱ釣り専用のとは全然違うわ』と感じましたね(笑)なので、釣り専用の釣り具メーカーさんが出している偏光サングラスを着用されることをオススメしますよ(^ ^)

フェイスカバー

フェイスカバーを楽天市場で検索

これは、紫外線が気になる方はあった方が良いかなぁ?とは思います。特に日中の場合だと紫外線もかなり強く、顔にシミができてしまいます。ちなみに最近私もシミが気になり始めましたので、日中のめちゃくちゃ暑い時間帯であれば着用するようにしています。

必ず必要というわけでもありませんが、紫外線を気にされる方や特に最近は釣りをする女性も増えてますから、夏の釣りにはフェイスカバーは持っておいて損はないかと思います。

まとめ

今回は夏のバス釣り攻略法の概要について紹介してきました。

重要なポイントとしては、

アリーサマーは

  1. 梅雨の時期(6月7日頃〜7月20日頃)
  2. 水温20度
  3. でかバスが活発に動き始めるタイミング

ミッドサマーは

  1. 梅雨明け後(だいたい7月20日以降がミッドサマー)
  2. 水温がだいたい25℃〜30℃
  3. バスの動きが鈍くなる

でしたね。

この大枠を理解しておくことが大切だと思いますよ。また、でかバスは朝まずめや夕まずめの時間帯だけでなく、真昼にも“釣れる可能性は十分にある”ということも覚えておきましょうね。

最後に、各季節ごとのバス釣りのポイントをざっくりと知りたいという方は、是非こちらの記事を参考にしてみて下さいね!それでは今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

▼僕の大好きなミラクルジムこと村田基さんの動画がスマホで簡単に見れます▼

コメント

  1. […] 夏のバス釣り攻略法を一挙公開!初心者でもでかバスを釣る方法とは? […]

  2. ふくちょー より:

    まさぽんさん、こんばんは。前回もアドバイスありがとうございました。

    以前ご相談した新しいタックルについてなのですが、WS1651やスコーピオン1631は極端な先調子が気になったので、政府から支給されたお金を使ってレギュラーファーストテーパーのポイズンアドレナ166ML-2を購入しました。
    これに処分特価で売られていたハイギアの旧式メタニウムを乗せ、ナイロン12lbを巻いて小型ポッパーで遊んでみたところ、非常に使いやすくてビックリしました(ちなみに、書籍でメガバスの伊東社長がPOPX用に推奨していたセッティングだったりします)。
    操作性は優れていても、飛距離やキャスト精度はWS2651と比べてどうかというところはありますが、しばらくこれを使い込んでみようと思います。

    また、先々週末のルアー釣り未経験の友人との初場所ため池釣行は、友人に1尾釣って貰うことができました。
    朝マヅメにベイトを追い込みやすそうな池の角に立ち、ディスタイルのレゼルブで友人にキャスティングとただ巻きの練習をしてもらっていたところ、開始30分くらいで16cmの小バスが元気よく水面を割ってバイトしてくれたのです。
    その後はルアーローテーションをして貰いながら池を一周したのですが、次第に人が多くなってバスが付きそうなストラクチャー周りに入り直すことができず、朝の1尾で終わってしまいました。
    それでも、友人が喜んでくれたので、私も嬉しい釣行となりました。
    まさぽんさんもアドバイスをくださり、ありがとうございました。

    なお、私は友人のためにテキサスリグで沈み物調査とポッパーによる活性UP(?)、ついでに釣り場のゴミ拾い活動に徹したのですが、自分自身にはバイトがありませんでした。
    私は緊急事態宣言明けから毎週末釣行して未だノーフィッシュなので、いい加減切実に初バスを釣りたいです……。

    さて、またまた前置きが長くなりましたが、今回はこれからの季節である真夏に関した質問です。

    (1) 真夏のメタルバイブ
    真夏の日中、日差しが強くなって水温が上がり、バスが深場に落ちたと予測されるとき、深場の底付近をテキサスリグやラバージグでじっくり誘うのではなく、敢えて冬の主力ルアーとされるメタルバイブで探ってリアクションバイトを狙うという方法はアリでしょうか。

    (2) バスをライトショアジギングで狙うときのエリア選びにアドバイスをください。
    他のオカッパリアングラーが攻められないエリアにいるスレていないバスを攻略するため、郷里のダム湖でシーバスロッドに細いPEライン、20g以下のメタルジグを使って遠投し、ライトショアジギングの要領で釣りをしようと思います。
    しかし、単に沖にキャストするだけではなかなか結果も見込めないと思うので、まさぽんさんの知見から狙い目になりそうなスポットを教えてください。
    沖のカケアガリや、遠浅で沖でもフィーディングが行われそうなエリア、バックウォーターからダムサイトまでの大きな水脈筋(ボディーウォーターというのでしょうか)の流れる場所あたりでしょうか。

    (3) まさぽんさんは周りの釣り人を見ながらルアー選びをすることはありますか?
    私は周りが釣れているときは釣り方を真似してみて、私は周りが釣れていなさそうなときは彼らと違うアプローチ(場所/ルアー/棚/アクション等)を試みるようにしているのですが、まさぽんさんは他の釣り人を観察して釣りをすることはありますか?

    今回も宜しくお願いします!

    • ilmari0124@gmail.com より:

      ふくちょーさんこんばんは(^ ^) 最近忙しくコメントの返信が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

      ダムよりもため池の方が初バスのゲットには近づきそうですね。私だったら、とにかくなんでも良いからバスを釣りたい時は、4インチヤマセンコーですね。

      これで何度も救われましたからね(^ ^)

      小バスでも良いのであれば間違いなくおすすめです。投げて、沈めて、スローに巻くだけですからね。多少退屈な釣りにはなりますが、なんでも良いから釣りたい時はこの釣りが一番おすすめです。

      今回も質問に回答していきますね。

      (1)この釣り方で釣れなくは無いと思います。ただ、底の方にいるバスは暑さで夏バテしている可能性が高いので動きが鈍いことが多いと感じます。

      底の方って基本的に水深がかなり低いです。つまり、暑さでバテているバスが涼んでいる状態な訳です。

      人間がクーラーの効いた部屋でじーっとしていたいようなものです。そこに早い動きで動かしてあげても食わないことが多いと思います。
      なので基本はジグやテキサスでスローにじっくりと攻めます。

      私がもしメタルバイブを使うのであれば、朝まずめや夕まずめですね。日中はほとんど魚が動かないので(流れのある場所やシェードでじーっとしている)バスの活性が上がるまずめのタイミングで使うと効果があると思いますよ!

      (2)私だったら、ロングキャストしてかけ上がりを丁寧に攻めると思います。これはルアーで攻める時もワームで攻める時も変わらずかけ上がりは絶対に抑えておきたいポイントですね。

      メタルジグということなので、底を丁寧に探っていきながら、かけ上がりの岩や障害物に付いているバスを狙っていく釣りがメインになると思いますよ!

      (3)ありますね。もし、たくさん釣っている方がいれば、挨拶をして聞いてみますよ。どんなルアーが良いのかとか、どんな釣り方で釣れてますか?とかもっというと、『この場所ってバスは本当に居ますか?』とか『何センチくらいのバスが釣れますか?』とか聞いていますね。

      すると、いろんなことを教えてもらえることがあるので、どんどん取り入れると良いと思いますね。ただし観察までするかと言われるとそこまではしませんね。通りすがったときに少し聞いてみるくらいでしょうか。

      今回は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました